長寿食材「長命草(ボタンボウフウ)」の栄養成分と効果

長命草またの名を牡丹防風(ボタンボウフウ)と呼ぶ植物に注目してみましょう!どんな効果を持ち、なぜ青汁に使用されているのかという部分をお話していきます。

長命草とは?

沖縄で昔から、長生きする為の秘訣ということで食べられてきたのが長命草です。実際に近年になって長命草には長生きの為の良い効果や成分がある事が分かってきました。

主な栄養成分

多くのビタミン類とミネラル類を含んでいます。その他にも、ポリフェノール、イソサミジン、クロロゲン酸、カロテン、鉄、カルシウムなどが豊富に含まれています。

期待できる効果効能

利尿作用

長命草には「イソサミジン」という成分が含まれています。イソサミジンは前立腺の筋肉や膀胱の筋肉を緩める作用を持っています。前立腺や膀胱の筋肉が収縮し過ぎていると、「残尿感がある・夜中の頻尿」といった尿の悩みが現れてきます。

そこをイソサミジンの力で、筋肉を緩めてあげることで日中にしっかりと尿が排出されるようになり、残尿感や頻尿に悩むことがなくなるのです。

美肌や美白

ポリフェノールの働きによって紫外線からの刺激を受けにくくする事ができます。紫外線で活性酸素が生まれますが、肌の細胞が刺激されないように活性酸素から守ってくれるのです。

その他に、ビタミンCが豊富に含まれているので肌を白く透明感のある状態にする効果も期待できます。美肌や美白に興味がある人にはおススメです。

老化予防と健康維持

長命草がもつ「ルチン」や「クロロゲン酸」というポリフェノールがとても良い効果を生み出します。体内で異常に増殖した活性酸素を抑制して、体内が錆びないようにしてくれるのです。細胞が刺激を受けて傷ついてしまうのを防ぐことが出来るというわけです。

このことによって、体の老化を予防していく事も出来ますし、様々な病気の引き金となる根本を排除するので、健康維持効果を得る事ができます。

冷え性やむくみ改善

冷え性やむくみというのは血流が悪くなることで引き起こされます。長命草に含まれる「イソサミジン」は血管拡張作用を持っていますので、血管を広げて血流をスムーズにしてあげる効果を得る事ができます。

血行がよくなれば自然と冷え性も改善されますので、むくみの解消にも繋がっていきます。

長命草を原材料にしたオススメの青汁

このページの先頭へ