沖縄の長寿食「ゴーヤ」の効果

沖縄の名産品であるゴーヤですが、最近は健康食品としても注目を集めています。料理で活用している人も多くいると思いますが、青汁としても商品化されているので、ゴーヤの効果を確認していきましょう。

期待できる効果効能

糖尿病の予防や改善

ゴーヤには「チャランチン」という成分が含まれています。チャランチンは「血糖値を下げる」事が出来る上に、インスリンの分泌促進効果もあります。

また「植物インスリン」という物質もゴーヤに含まれているのですが、人間の体の中でインスリンと同じような働きをしてくれる優れものです。つまり血糖値の上昇を抑制する効果があると言うわけです。

ガン予防

ガン細胞というのは人間の体の中で毎日たくさん生成されています。しかし「ナチュラルキラー細胞」がガン細胞の増殖を防いでくれるので、ガン化することなくガン細胞は死滅していきます。しかしなんらかの異常で、ガン細胞を退治しきれなくなった時にガン細胞はガン化してしまいます。

ここで登場するのが「蛋白MAP30」という物質です。ナチュラルキラー細胞の働きを活発にさせて、ガン細胞の増殖を抑制する事が出来る物質なのです。

またビタミンCも豊富に含まれていますので、体内でガンの原因となる酸化物質を出来にくくする事も可能になります。ガンの原因を作らないように予防しながら、ガン細胞の増殖を抑制する事が出来るという優れた効果が期待できます。

肥満予防と改善

リノレン酸という成分には脂肪燃焼作用があると言われています。ゴーヤにはリノレン酸がたくさん含まれていますので、体に取り入れることで脂肪が燃焼しやすくなります。

もちろん一緒に軽いウォーキングなどをすると、その効果はより一層のものになりますので、肥満対策にもってこいの成分としてお勧めです。

美肌作り

ゴーヤのもつビタミン類とミネラル類は美肌を作るのに適しています。肌の新陳代謝を活性化させるので、肌が生まれ変わると考えてください。若々しい肌を保ちたいと言う人にはこれらの成分が効果を発揮するのを期待してもいいでしょう。

ゴーヤを原材料にしたオススメの青汁

このページの先頭へ