生命力みなぎる「明日葉」の栄養成分と効果

芽を摘んだ翌日には既に新芽が出るという、生命力がとても強い植物「明日葉」について紹介していきたいと思います。

主な栄養成分

人間の体に必要不可欠なアミノ酸、カロチン、ビタミンB群、ミネラル類、食物繊維などの豊富な栄養素が含まれています。

そして明日葉は、青汁でよく原料になっている「ケール」と比較すると、栄養素が多いもので1.5倍もありますので、ケールよりも栄養素が豊富だと言えます。

期待できる効果効能

血液サラサラ効果

明日葉の中でコレは外せないという栄養素が「カルコン」というポリフェノールの1種です。カルコンは明日葉の根や茎をカットした時に出てくる、粘りのある液体のことです。

血液が固まるのを予防することが出来るので、血液サラサラの状態をキープできます。そして血圧を安定させることができ、血栓が出来にくい体質にしてくれます。

肥満対策

カルコンの作用によって中性脂肪を身体が吸収する事を抑制する「善玉菌」を増やす事ができます。これによって脂肪や老廃物、中性脂肪を体内に溜める事を予防でき、肥満の対策が出来ると考えられています。

さらに、女性の多くが悩む「セルライト」を解消する事も出来るとされているので、女性からの人気が高くなっています。

アルツハイマー予防

クマリンという栄養素が含まれているのですが、クマリンの作用には抗酸化作用があります。抗菌作用もっており、体内の活性酸素を除去する事に役立っています。

身体の機能や脳機能を低下させる原因の活性酸素を退治するので、アルツハイマーの予防にも効果があると考えられています。

ドライアイ解消

βカロテンの効果によって、ドライアイを予防して健康的な目を確保する事が出来るとされています。粘膜を正常化し保護する事が出来るので、βカロテンで目の養生ができます。

便秘解消

食物繊維の量がとても豊富で、ケールの1.5倍もの量を含有しています。ですから、頑固な便秘の解消などにも役立っています。

食物繊維で腸内環境を整えることが出来ますので、とても有効な栄養素と言えるでしょう。

がん予防

カルコンの作用によって、細胞がガン化することを抑制する効果が期待できる事が分かりました。動物実験では既に検証済みになっていますので、人間にも同じように優れたガン予防効果を齎してくれると考えられています。

明日葉というのは、美容効果から健康効果までとても幅広く様々な効果を生み出してくれます。体内から悪いものを排除して、良い環境に整えると言う働きをしてくれるのが魅力の1つです。

明日葉を原材料にしたオススメの青汁

このページの先頭へ