青汁1杯で摂れる野菜の量と栄養成分

青汁を飲むということは、1日に摂取できる野菜の量が少ないという自覚があるからだと思います。ですから、1日に必要な野菜の摂取量をクリアする為に、青汁で補う事ができれば良いのだと考えられます。

そこで、青汁1杯でどの程度の栄養を摂取することが出来るのか、野菜の栄養素をしっかり補えているのかチェックすると、良い青汁に出会えることでしょう。そのチェック方法などについてまずはお話をしていきたいと思います。

1日に必要な野菜摂取量を把握

まず覚えておくべきことは「緑黄色野菜120g以上」が、1日に必要な野菜摂取量だという事です。平均して日本人がしっかりとした食事をしていても、なかなか野菜量は100gに満たないという場合がほとんどです。

ですから、そのまま野菜を食べるのでは難しいということで、足りない分を補う事が出来る青汁を選ばなければいけません。

どんな青汁を選ぶべき?

野菜摂取量を補うと言う点で考えると、緑黄色野菜100gに値する栄養成分が含まれているものなどは理想的です。しかし具体的な数値を見ても、なかなか分かりにくいので、色々な青汁メーカーが公表している1杯の栄養成分をチェックするようにしてください。

青汁1杯で○○程度の野菜が摂取できるというものや、○○種類の野菜成分が含まれているという情報が確認できます。このような情報をもとにして、自分が摂取しきれていない野菜などと比較検討していくのがおススメです。

この1杯で1日に必要なビタミンが摂れる!などと、何か1つの成分だけに偏っているものは、バランスよく野菜成分を摂取できない可能性もありますので、その他の成分はどの程度含まれているのかしっかり確認をしてみましょう。

もちろんこれらの成分というのは、青汁の主原料となる葉ものから抽出された成分であることが重要です。あとから人工的に成分を足しているというものでは意味がありませんので、どんな主原料を使用しているのか、そしてその青汁1杯がどんな栄養成分を含んでいるのかをチェックしましょう!

このページの先頭へ